おさかナビニュース!

「ごっつぁんカレー」が好評

2020/08/21
  • はてなブックマーク
  • twitter
  • facebook
  • LinkedIn

インパクトのある写真入りの「ごっつあんカレー」

新潟県立海洋高等学校のベンチャー企業の能水商店(新潟・糸魚川市、松本将史社長)が地元・糸魚川のホッコクアカエビをまるごと発酵させた魚醤「甘えび醤油」を入れた「ごっつぁんカレー」を発売し、大人気。

 この商品は、新潟県立海洋高校相撲部の3人(現在は卒業)が1年掛けて商品開発に取り組んだもの。大振りのイカやホタテ、エビが入り食べ応えも十分で、カレー粉を数種ブレンドするなど独自性がありながら家庭的な定番カレーの風味に仕立てあるそうです。

 2年前に同校食品研究部が開発した「甘えび醤油」を加えることで「シーフードカレーでもパンチのある味に仕上がっている」と松本社長。「具の配合や価格設定まで生徒が何度も試作を繰り返してようやく完成した。ぜひ一度食べていただきたい」(同)と話しています。

 同校相撲部は強豪として全国的にも知られている。パッケージには開発に当たった3人が登場。商品の売り上げの一部が相撲部の活動費に寄付されます。

 新潟県内の土産店などをはじめ、同社オンラインショップでも購入できます。販売価格は480円(税別)

ぜひ、応援の意味でもごっつあんカレー試してみましょう。

 オンラインショップ https://nousui-syouten.shop-pro.jp/

ページの先頭に戻る