おさかナビニュース!

ネタが泳ぎ出す「泳ぎ寿司」

2016/12/05
  • はてなブックマーク
  • twitter
  • facebook
  • LinkedIn

卓上の魚影が泳ぎ出す!

ネタが魚に戻って泳ぎ出す-。そんな不思議体験を楽しめる屋台「泳ぎ寿司」が各地のイベントなどに出没し、話題を集めています。魚影が描かれたのれんをくぐると店内は薄暗く落ち着いた雰囲気で、8mほどある横長のカウンターに椅子が8脚置かれ、その奥でベテランの板前が2人が自慢の腕を振るいます。

 卓上には静かに揺らめく水面の映像が映し出され、手をかざすたび、波紋が幾重にも広がっていきます。

注文は必要なく、どのお客にも宮城県石巻産マサバ、ギンザケ、スルメイカの3種だけを握ってくれます。寿司が卓上の水面映像に置かれると、今度は大きな魚影が出現。つまみ上げるとネタが元の姿、形、色彩を取り戻し、店の奥へと勢いよく泳ぎ去ります。間髪入れずに奥の壁のスクリーンで約3分の短編アニメが流れ、漁場や漁法など、素材の由来を解説してくれます。効果音も流れ、まるで海の中にいるかのような演出で、五感で新鮮な寿司の醍醐味を楽します。

 店を運営するのは、石巻市。最新のプロジェクションマッピングやモーションセンサーなどを駆使したこの「泳ぎ寿司」。今度はみなさんの街のイベントに出現するかも。

ページの先頭に戻る