おさかナビニュース!

富山・新湊漁協が初代グランプリ

2015/11/04
  • はてなブックマーク
  • twitter
  • facebook
  • LinkedIn

新湊漁協が行っている「カニ給食」・写真は農林水産省提供

農林水産省と内閣官房が前年度から始めた、農山漁村活性化の優良事例を選定する「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」プロジェクトがあるが、今年度は富山・射水のJF新湊漁協が初代グランプリに選ばれた。「新湊の魚、日本一。食べに来られ!」をキャッチフレーズに掲げる新湊漁協は、早朝のセリに加えて「七時(などき)のセリ」昼セリが行われることで有名。また、射水市内の全小学6年生を対象に、ベニズワイガニ丸ごと一尾を毎年提供する「カニ給食」など食育活動も熱心に取り組んでいる。

ページの先頭に戻る