おさかナビニュース!

気仙沼「氷の水族館」が復活

2017/06/14
  • はてなブックマーク
  • twitter
  • facebook
  • LinkedIn

サンマ250尾が泳ぐ氷柱は圧巻

気仙沼魚市場の隣にある産直センター・海の市にある「氷の水族館」が今春から復活しました。

 同市場に水揚げされるカツオ、サンマ、カレイなどが氷の中に展示されており、氷が解けて泳ぎ出すような映像が壁や天井に映し出されるプロジェクションマッピングは幻想的。80種類が氷の彫刻の中に展示されています。

 また、養殖のホタテやカキなどもあるほか、館内の中央に立っている250尾のサンマが「泳ぐ」氷の大柱は圧巻です。

 入館料は大人500円。小学生は300円です。無料で防寒着を貸し出すそうですが、これから夏の暑い日にはマイナス20℃が体感できるため人気を呼びそうです。ぜひ、石巻まで足を運んでみてください。

ページの先頭に戻る