おさかナビニュース!

養殖スマ、二大生産地からデビュー

2016/01/19
  • はてなブックマーク
  • twitter
  • facebook
  • LinkedIn

期待の養殖魚スマ

愛媛県と和歌山県では繰ろまブロとも違う脂ののった養殖スマの研究開発に取り組んでいます。元々ヤイトカツオとも呼ばれるスマは、腹側は大トロ、背側は中トロと評されるほど全身に脂をまとう魚です。ただ、群れをつくらない生態のためか、天然では混獲で揚がる程度の”幻の魚”で産地消費にとどまっていました。

 黒潮流域に面する愛媛県と和歌山県では、養殖が盛んな地ですが、県産品の柱にしようと技術開発や市場開拓を進め、スマのブランド化を目指しています。愛媛は「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」、和歌山では「海の三ツ星」として、今月中旬には初出荷を始めており、今後の産業振興の機運が高まっています。

ページの先頭に戻る