おさかナビニュース!

高地ならではの味「しらす3兄弟。」

2016/05/20
  • はてなブックマーク
  • twitter
  • facebook
  • LinkedIn

三男のウルメイワシ㊤、次男のマイワシ㊥、長男のカタクチイワシ㊦がそれぞれの特徴をアピールしたレシピ集

高知県のイワシシラス(シラス)は、カタクチ、マイワシ、ウルメの3種類が同時に生息するめずらしい地域です。特産のチリメンジャコには、白くきれいに仕上がるカタクチが最適で、マイワシ、ウルメの市場価値は低かったのですが、近年、それぞれの個性を表に出すことで、他県産にはない高地ならではの味を売り出しています。 

 そこで始めたのが「しらす3兄弟。」をPRキャラクターに、3種類も生息する豊かな海などを高知県産シラスへの印象を強くもってもらおうとしています。また、最近では小イカ混じりのチリメンが、「よいダシが出る」と口コミで広がり、「イカ混じりちりめん」の需要も伸びているようです。

ページの先頭に戻る