おさかナビニュース!

「宮城牡蠣の家」が今年もオープン

2016/01/13
  • はてなブックマーク
  • twitter
  • facebook
  • LinkedIn

若生副知事らオープンセレモニーに参加

宮城県などが加わる実行委員会の主催で、今月9日に今年も東京・大手町サンケイビル前に「宮城牡蠣の家」がオープンしました。

 12日には渋谷のタワーレコード屋上にもオープンし、幅広い年齢層に宮城産の殻付き牡蠣をPRする狙いのようです。

 この取り組みは、キリングループの「復興応援 キリン絆プロジェクト」の一環として昨年に続いて実施されているもの。今年は昨年の「唐桑もまれ牡蠣」「長面浦かき」「鮮かき 鳴瀬」に加え、「万石浦かき」「水塊(荻浜)」という5つのブランドが味わえます。ほかに松島や志津川からも直送される予定。9日には県の若生宮城県副知事や布施キリンビール社長ら参加のもとオープニングセレモニーが開かれました。

 「宮城牡蠣の家」では焼き牡蠣のほか、ホヤやホタテ、タコ、笹かまぼこなど宮城県のさまざまな水産物が楽しめます。

ページの先頭に戻る