水産のプロが認めるイチオシの魚料理店

旨いものを旨いときに!

≪漁協めしシリーズ≫「四季の海鮮 魚々味」(三重県・JF鳥羽磯部漁協)
2020/10/02
水産専門紙H記者のおすすめ!
不動の人気魚々味定食
  • はてなブックマーク
  • twitter
  • facebook
  • LinkedIn

開店以来の不動の人気ナンバーワンの「魚々味定食」

ここがおすすめ!

三重県初の漁協直営食堂・JF鳥羽磯部漁協の「四季の海鮮 魚々味(ととみ)」は、観光と漁業の街・鳥羽にあります。「旨いものを旨いときに!」がモットーです。コロナ休業後に現在の西井繁充料理長を招き、7月3日にリニューアルオープンしました。

2009年創業時からの不動の人気ナンバーワンメニューが「魚々味定食」(税込み1,650円)です。伊勢志摩の魚を中心に7種類程度が楽しめるお造りの盛り合わせをはじめ、かき揚げ、フライ、小鉢が付いて、新鮮な旬の地魚がさまざまな形で楽しめます。

西井料理長は「直販事業課の職員が直売のためセリ落とした魚の一部を使わせてもらっています。お造り用としては天然のタイ、スズキ、サワラ、イナダ、イカ類、タコ、ハモなどですね」と、9月中旬のメニューを振り返ってくれました。

地元の南伊勢町出身ながら関西方面で修行してきた西井料理長は「ハモがあまり使われていないことに驚きました」とやってきた当時を思い返します。基本的に「魚々味定食」は創業以来のスタイルに倣っていますが、今まで磨いた技術を生かしてハモチリをお造りに加えるなどしています。残念なのはハモのシーズンが9月末で終わりなことでしょうか。

かき揚げにはみそがうまい「ウタセエビ」を使います。フライや小鉢にはおいしいのにあまり利用されない魚やお造りで使わない部位などを利用し、同じ魚種でも違った切り口で2度味わえるようにしています「魚々味定食」を頼めば、間違いなく満足のひと時を過ごせること請け合いです。

7月のリニューアルオープンから厨(ちゅう)房を取り仕切る西井料理長。専門は和食。過去に大阪で店を持っていました

多彩な白身を和で紹介

西井料理長が大阪で店を出していた時、鳥羽市最大の島・答志島の産地仲買人のつてで魚を仕入れていました。その時からの地魚の印象はフライや揚げ物に合う「白身魚が豊富に揃っている」というものでした。

和食専門の西井料理長は「カルパッチョなどの洋風は難しいけれど、新型コロナウイルス感染防止対策で席数を減らしたのにもかかわらず来てくれるお客さまに喜んでもらえるよう、自分の和の技術を生かして工夫し、提供していきたい」と話します。

9月のある日に単品メニューで提供した「ホウボウの姿造り」は、胸ビレが鮮やかで美しい魚を一尾丸ごと使った、西井料理長の熟練の技が光る一品でした。単品お造りメニューは日替わりなので訪れた日は必ずチェックを入れておきたいところです。

店内の様子。2020年9月現在、新型コロナ対策の感染防止対策で席数を減らしています

休日になると、入り口前にある待ち合いスペースが賑わいます

9月17日にイセエビ漁が解禁となりました。今回の話をうかがったのはまさにその日で「漁協の職員は朝からてんやわんやです」と西井料理長は現場の状況を伝えてくれました。「魚々味」でもイセエビメニューが2日後には始まりました。人気赤丸上昇中の「答志島トロさわら」解禁も間近に迫っています。

地域の名前を冠したイセエビの漁は例年9月半ば~翌年4月まで行われます

近年になってブランド化されて注目度が高まっている「答志島トロさわら」

店舗情報

営業時間
午前11時~15時(ラストオーダー午後14時30分)
住 所
〒517-0014三重県鳥羽市堅上町833 潮騒の駅内
伊勢自動車道の伊勢西ICを下車、鳥羽方面に進んだ国道42号線沿いにあります。
電 話
0599-21-1522
定休日
毎週火・水曜(変動がある可能性があるので事前にご確認ください)
HP
http://www.totomi.jp/
SNS(Facebook、Instagram、Twitter)でも日々の情報を発信中。「魚々味」または「ととみ」で検索。
地 図
Google Mapで地図を見る
ページの先頭に戻る