水産のプロが認めるイチオシの魚料理店

獲れたての松輪サバを堪能

「地魚料理 松輪」(JFみうら)
2017/04/26
水産専門紙K記者のおすすめ!
春満喫の魚料理
  • はてなブックマーク
  • twitter
  • facebook
  • LinkedIn

松輪サバを使った定食

メジャー魚の「松輪サバ」を使った料理

京浜急行・三浦海岸駅発剣崎経由東岡行きバスで「松輪海岸」下車、徒歩3分。地元松輪の魚を主体に、三浦半島沿岸の魚料理が堪能できる店「地魚料理 松輪」。獲れたての地魚が食べられるとあって、首都圏などからも多くの客が詰め掛けます。

 三浦半島の南端に位置する漁村「松輪」。神奈川県下でも一本釣り漁業が盛んな土地で、主にサバやキンメダイ、イカを漁獲していますが、なんといっても全国的に知れ渡っているのが「松輪サバ」。

 釣れ上がってくるサバが太陽に輝き、漁業者はその魚を「黄金サバ」とも呼びます。そのサバに一切手を触れないで魚倉で生かして港に持ち帰るので、鮮度抜群!特に、秋口から松輪地先の東京湾口で漁獲されるサバは丸々と太り、脂が乗っていて絶品。この「松輪サバ」料理を目当てに来店する客が長蛇の列を作るほどです。

 春にも「松輪サバ」は漁獲され、4月上旬の同店のメニューでは「〆サバ」、「炙り〆サバ」「炙りたて」「塩焼き」などの定食を提供。この定食にはヒラメの刺身が添えられ、アカモク・黒糖餅・春キャベツのサラダの小鉢などついてきます。三浦半島、春の満喫めしです。

地魚をより多くの人に

店内から海が見渡せる。人もひっきりなしに

三浦市南下浦町松輪の江奈港が見渡せる位置でロケーションは抜群。三浦半島を周遊するドライブコースにあり、地魚料理を求め訪れる人のほとんどはマイカー。120台の駐車場も完備されています。

 春のメニューで人気があるのが「松輪キンメダイ」料理。松輪港と江奈港の約30隻の一本釣り漁船が漁獲するキンメダイを使い、定番の煮付けはもちろん、塩焼き、素揚げや刺身が楽しめます。

目移りしそうなほどメニューが豊富

おつまみも充実

ほかにも、刺身ではクロダイ、メバル、メジナ、エボダイ、メヌケ、ヤリイカ、アジ。焼き物はカマス、イシモチ、エボダイ、コノシロの塩焼き、サワラの西京焼きもあります。

 丼物ではスズキやアジの天丼、つまみには地ダコ、サザエ浜焼き、みうら漁協特製イカの塩辛などが用意され、生シラス沖漬けなどは土産用。正に地魚「オンパレード」。

 地魚提供が「使命」の当店。悩みは不漁、シケなどで鮮魚料理が提供できない時。「新鮮・旬を満喫していただくためにも『事前連絡』(046-886-1767)を」とお店の方。

お勧め、エボダイの刺身

地魚の中で食べてほしいのが、三浦半島で水揚げされた希少な「エボダイ」の刺身だそうで、ヤリイカ・マグロの刺身も添えています。メバルやメジナの刺身も楽しめます。

店舗情報

営業時間
11時-16時(ラストオーダー15時)
住 所
〒238-0104 神奈川県三浦市南下浦町松輪264 エナヴィレッヂ2階
電 話
046-886-1767
定休日
毎週火曜日
URL
http://oarai-info.jp/restaurant/kaachan.html
地 図
Google Mapで地図を見る
ページの先頭に戻る