水産のプロが認めるイチオシの魚料理店

モズク料理のテーマパーク

≪漁協めしシリーズ≫沖縄・JF勝連漁協「勝連漁協のてんぷら屋」
2022/06/07
水産専門紙K記者のおすすめ!
太くておいしいモズク直送
  • はてなブックマーク
  • twitter
  • facebook
  • LinkedIn

もっちり衣のモズク天ぷら

ここがおすすめ!

「勝連漁協のてんぷら屋」は、沖縄県うるま市の食材や特産品を扱う商業施設「うるマルシェ」の屋外フードコート「うるまテラス」に店を構えます。その名の通り、地元勝連漁港から、太くておいしいモズクが直送される飲食店です。

店舗名の天ぷら以外にも、「もずくそば」「もずく酢」「もずく餃子」「もずく入りちきあぎ(沖縄かまぼこ)」「もずく佃煮入りおにぎり」など、様々なモズク料理が提供されていました。

生モズクがたっぷり乗ったそば

太くて歯ごたえがある酢の物

もずくそば(650円)には、麺を覆うほどの大量な生モズクがトッピングされていて、お得感満載です。豚骨とカツオ出汁を合わせたコク深い沖縄そばのスープと、生モズクの相性がよく、麺との食感の違いも楽しい。

そばにはモズク入りのちきあぎもトッピングされているほか、モズク天ぷらも付いています。「どちらも食べたい」という人にはおすすめです。モズク酢(100円)を組み合わせれば、味わいが異なるモズク三昧かつ、ヘルシーな定食の完成です。

天ぷらはモズクのほか、イカ、魚、野菜をラインアップしています。

日本一のモズク生産地

沖縄県は全国シェアの9割を生産するモズクの産地です。中でも沖縄本島の東側に位置するうるま市勝連地域の海は、日の光をたっぷり浴びる高い透明度と水深が、モズク栽培に適していて県内で最多の水揚げを誇ります。数量だけではありません。「太くて歯ごたえがある」と人気です。

漁場で収穫された生モズクが運ばれる勝連漁協

獲れたての生モズク

ノンフローズンの「早摘みもずく」をPRする上原組合長

モズクの収穫時期は4月~6月に集中します。ただし、同漁協は陸の植物で言えば若葉と言える、3月末までの「早摘み」を製品化しました。菌検査でも細菌を確認しない地下海水を発掘し、洗浄水として利用できたことで、塩蔵や冷凍をせず生のまま60日の賞味期限が確保されています。

勝連漁協の上原勇行組合長は、早摘みモズクの商品を「ぬめりと歯ごたえ、のどごしがよい」と誇らしげに語ります。めんつゆと酢を合わせた調味料で食べるのがおすすめで、「味噌汁に入れると、きれいな緑になる」と教えてくれました。 「うるマルシェ」ほか、県内の量販店で取り扱うほか、漁協のオンラインショップでも販売しています。

店舗情報

営業時間
午前11時-午後6時
住 所
〒904-2235 沖縄県うるま市字前原183-2
フードコート「うるまテラス」
電 話
080-1354-0003
地 図
Google Mapで地図を見る
ページの先頭に戻る