ととけんにチャレンジ! 上級 | KIRIMIちゃん.おさかナビ

おさかナビニュース!

ととけんにチャレンジ! 上級

2023.12.12

/5

1級(上級) ランダム5問

1 / 5

1) 高知県では年に一度、ある魚の稚魚を肴に酒の飲みっぷりと早さを競う催し物が開かれます。
催事名にも使われるこの魚の成魚を選びなさい。
2012年(第3回)から出題

2 / 5

2) 相模湾の秋を彩るこの魚は「小田原開き」の干物としても広く知られます。
小田原沖の定置網で漁獲されるこの魚を選びなさい。
2016年(第7回)から出題

3 / 5

3) 高知県宿毛でのこの魚の盛漁期は初夏と秋の2度です。
5~6月に水揚げされる子持ちを、焼き物や天ぷらにすれば卵の旨みと、柔らかな身のホクホクとした食感が味わえます。
この魚を選びなさい。
2017年(第8回)から出題

4 / 5

4) ホウボウの仲間ですが、体長も羽状の胸ビレもひと回り小ぶりのこの魚は、古くは上等の白身魚として人気がありホウボウ同様、各地でお食い初めに用いられていました。
この魚を選びなさい。
2015年(第6回)から出題

5 / 5

5) マルチ才人で知られた赤瀬川原平のべストセラー『新解さんの謎』は、三省堂「新明解国語辞典」の不思議な世界に踏みこんだ著作です。
この辞書の中に魚好きな謎の男がいると突きとめ、その証拠とする語句の説明文を以下のように取り上げています。
「 」:背びれに毒のとげが有る近海魚。ぶかっこうな頭をしているが、うまい。[カサゴ科] 赤瀬川原平「新解さんの謎」文春文庫96・97頁
「 」にふさわしい魚介を選びなさい。
2019年(第10回)から出題

正解率は

正解率の平均: 64%

0%

水産経済新聞で掲載された、日本さかな検定「ととけん」の過去問を掲載しています。
随時、問題を更新しますのでぜひチャレンジしてみてくださいね♪